FC2ブログ

ぺんぎん村日記

 4人の子どもを持つぺんぎんママが、クリスチャンホームスクーラーの日常を綴る。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
今まで談笑していた3人の女性達は、私のただならぬ雰囲気を感じてくれたのだろう、
すぐに、きっとなんだかわからないまま、祈り始めてくれた。

私は、というと、祈られれば祈られるほど、涙が滝のようにあふれてくる。

しばらく祈ってくれたあと、いろいろと質問された。
が、尋問や詰問調でなく、とてもとても温かいものが流れていて、
すごく安心できる何かがそこにはあった・・・。

そして身の回りで起こった出来事、自分の中の霊的混乱などを
問われるままに素直に話した。

時々怒涛のように感情の波が高くなり、嗚咽があふれてくる。
こらえよう、抑えようとすると、
「大丈夫、泣いていいのよ。ここは安全な場所だから」と
優しく肩を抱いて慰めてくれる・・・。

そしてあるひとつのことを話したとき、一人が
「それだっ!!」とおっしゃった。

あとの二人も深く同意して、そのことにフォーカスして、
主の慰めと癒しを求めて、集中的に祈ってくれた。

自分でも信じられないくらい、どこにこんなに涙がしまってあったのかと思うほど、
そしてどこからこんなに絞り出すような声が出るのかと思うほど、
ひたすら嗚咽し、号泣した。


ひとしきり泣いて、ようやく、ようやく、心が静まってきた・・・。


そして、少しずつ、穏やかな気持ちと、主に信頼する思いが、
静かに、静かに、湧いてきた・・・。


ようやく・・・。
ちょっぴりバツの悪さを覚えつつ、お礼を言ったら、
3人がそれぞれ、最上の微笑みをもってハグして
別れのあいさつをしてくれた。

そして、数人の知人と少しばかり言葉を交わしてから、
その日は帰路に着いたのだ・・・。




この日以来、
「ここにはやっぱり何かある。聖霊の臨在がある・・・。 もう少し、通ってみよう・・・!!」
と、私は心に決めたのだった・・・。


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

SALLYまたはSAORY
  • Author: SALLYまたはSAORY
  •  2001年の秋から4人の子どもたちを順次ホームスクーリングで育て始めて今に至ってます。2005年春には鎌倉へ、2007年秋には千葉県八街市へと住まいも移し、新しいミニストリー(創造主なる神様への奉仕としての働き)として、不登校の子どもを持つ家庭や、ホームスクールを選んだ家庭と連携し、サポートし合うネットワーク作りも始めています。なんとなく過ぎてしまう毎日の生活ですが、しばし立ち止まって、なにげない日常の中にある神様の恵みを見つけ、味わうためにもこの日記を書き綴っていきたい、と思ってます。

Search

Calendar

07 « 2018/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

プロフィール

SALLYまたはSAORY

  • Author:SALLYまたはSAORY
  •  2001年の秋から4人の子どもたちを順次ホームスクーリングで育て始めて今に至ってます。2005年春には鎌倉へ、2007年秋には千葉県八街市へと住まいも移し、新しいミニストリー(創造主なる神様への奉仕としての働き)として、不登校の子どもを持つ家庭や、ホームスクールを選んだ家庭と連携し、サポートし合うネットワーク作りも始めています。なんとなく過ぎてしまう毎日の生活ですが、しばし立ち止まって、なにげない日常の中にある神様の恵みを見つけ、味わうためにもこの日記を書き綴っていきたい、と思ってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。