FC2ブログ

ぺんぎん村日記

 4人の子どもを持つぺんぎんママが、クリスチャンホームスクーラーの日常を綴る。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
われながら呆れるほど小分けに書き綴ったアグローリポートも
きょうを最後に終わりにします。

娘、息子たちにドン引きされながら、「ここまで書いたら意地!」
とばかりに書き続けましたが・・・。

最後は、滞在中に見た主の御業、そしていただいた励まし、
そしてそれらが、今の生活にどうつながってるかを

やっぱり結局自分自身のために、

書き留めておきたいと思うのであります・・・。








特筆すべき癒しの証しがふたつありますが・・・。

ひとつは、この旅行に出発前から足を傷めて杖をついて
参加されていたFさん。

美しく聡明な30代の娘さんと、母子仲良く参加されていた
愛称「おかあさん」です。

以前にリポートした「珍道中」のときにも、
会場とホテルとの、日に何度かある往復の移動にも、
立ち上がり、踊りまくる賛美のとき(笑)にも、
いつも痛そう、辛そうだったんですよ。

で、この数日間の会期中、Fさんには何度か
癒しを祈っていただく機会がありました。


そして・・・。


帰りの飛行機に乗るころには・・・


もうほとんど杖がいらなくなってたんです、これほんと!
トランジットの移動も、にこにこしながら杖に頼らず歩くFさんがおられました。
その表情も、ずいぶん明るく、いっそう美しく輝いていました・・・!




もうひと方は、最後の最後に・・・!










この会期中、いろんな個人や、グループの方とお会いし、
交わるチャンスが与えられました。

金曜日には、同じ東京アグローから参加しているMさんに
誘っていただき、ある地域のアメリカ人グループの姉妹たちの
カジュアルなランチタイムをご一緒しました。

私たち日本人の証しをとても喜んでくれて、祈ってくれて・・・。

特に、個人的に私をハグして祈ってくださった方は、
祈りの後半、目に涙を浮かべながら
「私はあなたをよく知っています。あなたを愛しています。」
といった内容を語ってくださったの。

あれは預言だったのか・・・、状況と英語がよく把握できなかったため
受け取りきれなかったのだけど、
そのとき心に強く感じたのは、一言で言うと、
その方を通して私のなかに注ぎ込まれてくる
「主の愛」そのものでした・・・。





それに、最終日、最後の集会が終わって、
日本人グループの何人かで余韻に浸っていたところ、
アメリカ人の若い女の子が声をかけてきて・・・。

「あなたたち、日本人ですか?」って。

「そうですよ。」と応えたら、めっちゃくちゃうれしそうに興奮しながら
「わ~! 祈りが応えられた~!
私、今年の6月から主に示されて、毎日日本のために祈ってます!
そして、この集会で日本人と会えるようにとずっと祈ってました~~!!」
って・・・!!

聞けばその子は弱冠13歳。超しっかりしててびっくり~!
(ついでに、帰国してからメールもらうと、ホームスクーラーとのことで
ますますうれしくなり~・・!)

そんなこともありました・・・。




また、一緒に行動してたメンバーの数人が、2年前の大会でも
お会いしていて、今回の再会を楽しみにしてた、っていう
グアテマラから参加されていた人たちとの交わりには、
ほんとうに励まされました。

そのグループのなかに、ほんとうに祈り深い(にちがいないと
私が感じてた)女性がいました。

その方は英語を話せないのですが、通訳を介してお話ししていたところ、
私のために個人的に祈ってくださることになりました。

そして、祈るなかで神様に示された、ということを
これももちろん、通訳を介して伝えてくださいました。

その内容のエッセンスは以下の2箇所の御言葉でした。

「主をおのれの喜びとせよ。
主はあなたの心の願いをかなえてくださる。」(詩篇37:4,5)

「主は、私の光、私の救い。だれを私は恐れよう。
主は、私のいのちのとりで。だれを私はこわがろう。
悪を行うものが私の肉を食らおうと、
私に襲いかかったとき、
私の仇、私の敵、彼らはつまづき、倒れた。
たとい、私に向かって陣営が張られても、
私の心は恐れない。
たとい、戦いが私に向かって起こっても、
それにも、私は動じない。」           (詩篇27:1~3)

あなたが主を愛し、主と共に日々歩んでいるなら、
何も恐れる必要はないし、あなたの心の願いは
主のお心にかなっているから、大丈夫、
あれこれ考えて、祈って、というより、
がんがん実行して大丈夫・・・みたいな感じでした。

ただし、「あくまでも主をおのれの喜びとする」なかでね、
と確認されました・・・!













今回で終わりにしようと思ってたけど、
やっぱりまだまだ書くことがあって、長くなりすぎる・・・。








すいません、いったんアップします・・・。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

読ませてもらってますよ~。

続きそうな気配にチョットうれしいv-238

  • 2010/02/10(水) 20:01:41 |
  • URL |
  • はらたい子 #XlB8gI/6
  • [編集]

>はらたい子さん、
いつもコメントありがとうございます!
コメントあると、やっぱ励まされますね!

はい、あと1回書くつもりで今下書きしてます。
しばらくお待ちくださ~~いv-238

  • 2010/02/11(木) 22:15:37 |
  • URL |
  • SALLY #lFL2bytk
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

SALLYまたはSAORY
  • Author: SALLYまたはSAORY
  •  2001年の秋から4人の子どもたちを順次ホームスクーリングで育て始めて今に至ってます。2005年春には鎌倉へ、2007年秋には千葉県八街市へと住まいも移し、新しいミニストリー(創造主なる神様への奉仕としての働き)として、不登校の子どもを持つ家庭や、ホームスクールを選んだ家庭と連携し、サポートし合うネットワーク作りも始めています。なんとなく過ぎてしまう毎日の生活ですが、しばし立ち止まって、なにげない日常の中にある神様の恵みを見つけ、味わうためにもこの日記を書き綴っていきたい、と思ってます。

Search

Calendar

07 « 2018/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

プロフィール

SALLYまたはSAORY

  • Author:SALLYまたはSAORY
  •  2001年の秋から4人の子どもたちを順次ホームスクーリングで育て始めて今に至ってます。2005年春には鎌倉へ、2007年秋には千葉県八街市へと住まいも移し、新しいミニストリー(創造主なる神様への奉仕としての働き)として、不登校の子どもを持つ家庭や、ホームスクールを選んだ家庭と連携し、サポートし合うネットワーク作りも始めています。なんとなく過ぎてしまう毎日の生活ですが、しばし立ち止まって、なにげない日常の中にある神様の恵みを見つけ、味わうためにもこの日記を書き綴っていきたい、と思ってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。