FC2ブログ

ぺんぎん村日記

 4人の子どもを持つぺんぎんママが、クリスチャンホームスクーラーの日常を綴る。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
まじ、間延びして、さすがに自分でも嫌気がさして、飽きてきた・・・。

ものごとには旬ってものがあるのね・・・。
今後の教訓にします。



なので、きょうこそはホントに最後です、アグローリポート。



よう書いたなあ・・・、ほんま・・・。








日曜日の朝、心行くまで賛美し、
アッシャー・イントレーダー師のメッセージに圧倒され、
「キリストの花嫁」として整えられたい思いを熱く燃やされて・・・。







午後はまたまた最後の珍道中。
TARGETという現地のハイパーマーケットに
最後のショッピングに行くことになったのだけど、
そこにたどり着くのに、現地の「おいおい・・・!?」な
タクシードライバーに振り回され、落っことされた挙句・・
車しか走らない道路を
日本人のおばさん集団がてこてこ歩いてたり・・・。




ようやくホテルに戻ったあとは、「最後の晩餐」。
ホテル近くの川沿いのシーフードレストランで、
おなかがはちきれそうなほど食べたのはよかったのだけど・・。




明日はいよいよ帰国、というその晩、Wさんが具合が悪くなってしまったの・・・。
気分が悪くなってしまって嘔吐を繰り返し、すっかり弱り果てて、
トイレに行くのもやっと、というほどになって・・・。

とても翌日のフライトで日本に戻ることなんて無理では、という状態。

みんなで手を置いて祈って・・・。
何人かが順番に様子を見に行っては、聖書の言葉に基づいて
また祈って・・・。


最悪の状態からは徐々に回復に向かい始めた様子はあったもの、
とにかくすっかり弱ってしまったので、
安静にして寝ているしかない、ということで・・・。







そしてその一方、私たち数人は「終わらない最後の夜」を
過ごしてました・・!

ドンチャン騒ぎをしていたわけではなく、
あまりにも濃密だった数日間を味わい、少し整理したくてね。

いろんなことがありすぎて、私も知恵熱でも出そうな感じで(笑)。

メッセージで聞いたことと、自分が来る前から感じてたこと、
カンファランスに来てから出会った人々から語ってもらったことの
つながりに確証が与えられたらうれしいな、という思いもあって、
ここに来てお世話になった、信頼できる人たちと分かち合いたかった。



お互いに恵みを分かち合ったり、祈りあったりするなかで、
Fさんという姉妹を通して、
個人的に神さまからのお言葉をいただく機会に与かりました。

そこでも主は、
「わたしはあなたをほんと~~~~~に愛しているよ[m:47]」ということ、
それから「あなたを通して、あなたとともに働くよ[m:87]」ということ、
それに「あなたの思いをわたしがずっと知っていて、ずっと見てきた。
私がともにいるのだから、遠慮してひっこんでないで、
大胆に『これだ』と思うその道を歩みなさい[m:215]」
ということを語って、励ましてくださった。




主が今までわたしに、ほんと~~によくしてくださったことを思った。
主に会ってなかったら、今の自分はぜ~~っっったいになかった、って
心の底から思う。


自分がバランス悪くて、人に迷惑かけたり、
人にいやな思いさせたり、時には傷つけたりしても、
その全部を包み込んで、もう赦してくださった主がいるから。


自分はこんな自分でもいいんだ、赦されてるんだ、って安心できるから・・・。


そして「ごめんなさい」って悔い改めて、
何度でも何度でも、あきらめないでもう一度新しくやり直せるから・・・。


あるいは、いっぱい傷ついて、悲しい思いをしたことも
ひとつひとつ丁寧に癒してくださる主がいるから・・・!

きょうも生きていることを喜べること・・・。

何より、主が、こんな私を全部知ってて、
そのまま受け入れて、「いつだって大好きだよ」って
抱きしめてくださるから・・・!



だから私は、
この感謝と喜びを自分の中だけにしまっておくのがもったいない、
って思えるんだな・・・!



この思いをいつも忘れないで、
この思いを歌いたい。
そして、おとなにも子どもにも、
「こんなにあなたを愛してる神様が、
もっともっと近くにおいでよ、ってあなたを待ってるよ」
って伝えたい。


アメリカから帰ってきて早3ヶ月あまり・・・。
時が経つほどに募る思いはこの思いです・・・。











さてさて、もう今にも終わりそうな気配ですが、
最後にWさんの病気がどのように癒されたか、
ぜひとも記しておきたい!!


結局、一睡もせず朝を迎えた私たち(私を含めて3人!)でしたが・・・

翌朝になってもWさんの容態は芳しくなかった。

とにかくぐったりしていて、自力で動けそうにはない・・・。

WさんのルームメイトのOさんが荷造りを手伝い、
みんなで手分けしてフロントに車椅子を頼んだり、
どのようにタクシーに分乗して、誰がどうサポートするか話したり、
どたばたするなか、「Wさんを少しでも長く安静に寝かせてあげよう」
ということで、空港にはぎりぎりのタイミングで移動・・。


結果、予期せぬハプニングがあってチェックインでも手間取り、
「珍道中」グループは、チェックインにかかるグループと
Wさんのケアにかかるグループとの二手に分かれて
それぞれ祈りつつ動いていたのだけど・・・!


そんなどたばたのタイミングだったからこそ・・・・。


グアテマラの会長さんともう1人の方に、思いもかけず空港で再会できたのです!!!

そしてグアテマラのアグロー会長さんにWさんの状態を話すと、
すぐさまひざまづいて、涙を流しながら祈ってくださって・・・!

私は「チェックイン組」のほうだったので、
リアルタイムではその場にいられなかったのだけど、
ついたての向こうから「ハレルヤ!」「感謝!」「アーメン!」と
すごい歓声が聞こえてくる・・・!


ようやく9人分のチェックインを終えて、
はやる気持ちでWさんのほうに駆け寄ると・・・。

さっきまで青白い顔でぐったりしていたWさんが、
立ち上がってにこにこしてるじゃないですか・・・!!
その頬には赤みが戻っていました・・・!


瞬間的に100%パーフェクトに癒されたわけではなかったものの、
その違いは歴然としてて、
その後、時間とともに、Wさんはどんどん元気になって、
トランジットのデトロイトではバナナを食べられるまでの(笑)快復を見せ・・・。




成田に着いてからは、普通に電車を乗り継いで、
ご自宅へと帰ることができたのでした・・・!!!

ほんとうに主は憐れみ深い、癒し主です。











ほんとうに、ほんとうに、濃い~~、濃い~~~6日間でした。

これでも、ほんとのところ、まだまだ書きとめておくべきことを十分書けたとは
全然思えません。また、ここには書ききれないこともたくさんあります。



でもさすがにきりがないし、気持ちにもしまりがなくなってきちゃったので・・・。

ようやくようやく、ほんとうに、このアグローリポートを終了しますね。

長らくお付き合いくださった方々、本当にありがとうございました。



スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

おつかれさま!そしてありがとう!
リポートを通して、やっぱり行くべき方が行っているな、って思いました。個人的にサリーさんに対する神さまのいつくしみと恵みも知ることができて、今回自分は留守番お祈り組でしたがあらためて主に感謝しました。また立ち寄ると思います。いつもコメント残すわけではありませんが読ませてくださいね。ではでは~v-238

  • 2010/02/13(土) 22:30:57 |
  • URL |
  • はらたい子 #XlB8gI/6
  • [編集]

こちらこそ、はらたいこさんが読んでてくださる、ということが、書き続ける上でとても大きな原動力になってました! いつかOFFでお会いしたいです。

今後ともよろしくね~~!

  • 2010/02/13(土) 23:45:21 |
  • URL |
  • SALLY #lFL2bytk
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

SALLYまたはSAORY
  • Author: SALLYまたはSAORY
  •  2001年の秋から4人の子どもたちを順次ホームスクーリングで育て始めて今に至ってます。2005年春には鎌倉へ、2007年秋には千葉県八街市へと住まいも移し、新しいミニストリー(創造主なる神様への奉仕としての働き)として、不登校の子どもを持つ家庭や、ホームスクールを選んだ家庭と連携し、サポートし合うネットワーク作りも始めています。なんとなく過ぎてしまう毎日の生活ですが、しばし立ち止まって、なにげない日常の中にある神様の恵みを見つけ、味わうためにもこの日記を書き綴っていきたい、と思ってます。

Search

Calendar

09 « 2018/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

SALLYまたはSAORY

  • Author:SALLYまたはSAORY
  •  2001年の秋から4人の子どもたちを順次ホームスクーリングで育て始めて今に至ってます。2005年春には鎌倉へ、2007年秋には千葉県八街市へと住まいも移し、新しいミニストリー(創造主なる神様への奉仕としての働き)として、不登校の子どもを持つ家庭や、ホームスクールを選んだ家庭と連携し、サポートし合うネットワーク作りも始めています。なんとなく過ぎてしまう毎日の生活ですが、しばし立ち止まって、なにげない日常の中にある神様の恵みを見つけ、味わうためにもこの日記を書き綴っていきたい、と思ってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。