FC2ブログ

ぺんぎん村日記

 4人の子どもを持つぺんぎんママが、クリスチャンホームスクーラーの日常を綴る。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
 <新しい生活スタイルを確立したいけど…>
さて、2002年春、長男はいわゆる義務教育年齢を終えて通信制高校に入学し、
末っ子の次女もホームスクーリングをスタートすることになりました。
ここまでを我が家のホームスクーリング「第1期」と位置づけようと思います。
ここからがいよいよ、第2期となります。
この時期からは、よりいっそうの試行錯誤を重ね続けてきた、
というのが正直なところですが、
特にこの時期特筆すべきことがいくつかあったように思います。

ひとつめは、今までは基本的に次男と1対1で向き合っていたホームスクーリングが、
同時に2人の子を相手にしなければならなくなったことです。
つまり、4人の子どもたちのうち3人が家にいる状態になったのだけど、
新しい生活スタイルをどのようなものにしていけばよいものか、
親自身に、まだなんら確信がない状態だったことです。
朝起きる時間にせよ食事の時間にせよ、「これ」と決まった型がなく、
その日その時によってばらばらになってしまい、
1人学校へ行っていた長女と折り合わずお互いにいらいらしてしまう、
といったことがよくありました。
たとえば私には
「家族から、ただひとり学校へと出て行く長女を励まして送り出すために、
朝食は家族そろってお祈りして始めたい」
という思いがあって時間を設定するのですが、
その時間は、学校へ行く長女には遅すぎると感じ、家にいる子達には早すぎると感じる時間である、
といったようなことです。
このような些細な日常のこと一つ一つが試行錯誤でした。

ふたつめは、居間で一緒に学習する下2人の子どものぶつかり合い(要は口げんかですが)
をどう仲裁し、おさめて行くかということが深刻な問題となったことです。
朝、家庭礼拝を終えたあと、2人を相手に聖書の学びを始めるや否や、
2人の間で互いの批判が始まり、言い合いが始まります。
それぞれに言い分があり、ていねいに話を聞いていると、
それだけでほとんど午前の時間が終わってしまい、
エネルギーを使い果たしてぐったりしてしまうようなことがしょっちゅうでした。
いったいどうすれば穏やかに落ちついた毎日を過ごせるのかと、
神さまに祈り叫ぶ日々だった気がします。
でも、振り返ってみれば、この「喧嘩の仲裁」の日々が、
すばらしいコミュニケーションの練習の場になっていたのかもしれません。

これらの問題に加えて、
私自身がまだまだ整えられなければならないところをたくさん抱えていました。
ホームスクーリング以前の自分自身の内的な課題の積み残しが山ほどあり、
それらに取り組むことにも相当なエネルギーを使わざるを得ませんでした。
今から思えば、それは必須だったと思いますが、
当時は「こんなことをしていていいのか」と頭を悩ませたこともありました。
目の前にいる子ども達の、毎日の必要を満たすという現実の必要と、
自分の内面の問題を主の手によって取り扱っていただく、という本質的な必要とのはざまで
いつも迷いがありました。

また、現実的な日常生活においても、
ホームスクーリングを始める前から関わっていたいくつかのこと、
昼間の時間を利用して取り組んでいたことなどがありました。
たとえばパートであったり、婦人の聖書研究であったりです。
それらをどう整理し、どれを継続し、どれをやめるのかということも
ひとつひとつ選択し、決断していかなければなりませんでした。
(そしてそれは今も継続中です)。

また、人の意見や、ほかのホームスクール家庭の様子を見聞きすると、
「うちはこれでいいのか」と不安になることもしょっちゅうでした。
でもこれらに関して、マニュアルはどこにもありません。
結果、何をするのもしないのも、総責任者である神様に直接聞き、
直接指示を仰ぐことを学ばざるをえない恵み(!!)にあずかり、
他では受けられないような集中訓練を受けることになりました。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

SALLYまたはSAORY
  • Author: SALLYまたはSAORY
  •  2001年の秋から4人の子どもたちを順次ホームスクーリングで育て始めて今に至ってます。2005年春には鎌倉へ、2007年秋には千葉県八街市へと住まいも移し、新しいミニストリー(創造主なる神様への奉仕としての働き)として、不登校の子どもを持つ家庭や、ホームスクールを選んだ家庭と連携し、サポートし合うネットワーク作りも始めています。なんとなく過ぎてしまう毎日の生活ですが、しばし立ち止まって、なにげない日常の中にある神様の恵みを見つけ、味わうためにもこの日記を書き綴っていきたい、と思ってます。

Search

Calendar

07 « 2018/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

プロフィール

SALLYまたはSAORY

  • Author:SALLYまたはSAORY
  •  2001年の秋から4人の子どもたちを順次ホームスクーリングで育て始めて今に至ってます。2005年春には鎌倉へ、2007年秋には千葉県八街市へと住まいも移し、新しいミニストリー(創造主なる神様への奉仕としての働き)として、不登校の子どもを持つ家庭や、ホームスクールを選んだ家庭と連携し、サポートし合うネットワーク作りも始めています。なんとなく過ぎてしまう毎日の生活ですが、しばし立ち止まって、なにげない日常の中にある神様の恵みを見つけ、味わうためにもこの日記を書き綴っていきたい、と思ってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。