FC2ブログ

ぺんぎん村日記

 4人の子どもを持つぺんぎんママが、クリスチャンホームスクーラーの日常を綴る。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
<コミュニケーションの訓練>

コンピューターゲームのこととも少し関連することですが、
日々子ども達と接していて感じるのは、
言葉によって人と関わり、気持ちを伝え合い、
お互いを理解するという訓練の不足です。

語彙、つまり日常的に普通に使える言葉や、
きちんとした文で自己表現をすることがあまりにも少なく、
限られているということを感じます。
私たちの日常に、
言葉を介さないでもことが進んでしまう場面が
増えているのかもしれませんね。


たとえば最近我が家で問題となったトピックは
「ムカツク」という言葉です。

今子どもたちは、気に入らないこと、悲しいこと、腹立たしいこと、理不尽なことetc、
すべてこの言葉で片付けてしまうと言われるのを聞きます。
確かに、我が家の子どもたちもその例にもれず、
また、恥ずかしながら一時期、私自身さえこの言葉に毒されていました。

実際使ってみるとわかるのですが、
確かにこの言葉を使うと、
その時はなんだかすっきりした気がするのです。
自分の中にある、言葉になりきらないおもしろくなさ、苦々しさを
とりあえずこの言葉で表現できた気になれるからでしょうか。

でも、この言葉は言われる側にとってはかなり破壊的な言葉ですし、
言った方にとっても、実は本当に自分の気持ちを十分に伝えきれる言葉ではないので、
やはり面白くなさが残り、
場合によっては攻撃的、否定的な感情をより高ぶらせてしまう結果にもなります。


   柔らかな答えは憤りを静める。
   しかし激しいことばは怒りを引き起こす。(箴言 15:1)


そういうわけで、我が家ではこの「ムカツク」を禁句としました。
それでもつい言ってしまうことがある子どもたちですが、
言ってしまったらそれはそれで、話し合いのとっかかりになります。
他の言葉で言いなおしてみたり、
自分の感じている気持ちをできるだけ詳しく説明して
相手に伝えたりする練習をするのです。
そうすることで自分自身の気持ちが整理でき、
また相手にも理解してもらえるということを経験させていきたいと思っています。




<教育の目的>

こういったひとつひとつは、一朝一夕ではすまない気の長い訓練です。
また、親の方の姿勢もいつも探られます。
めんどくさくていやになってしまうことも、正直あります。
「私には無理!できない!」と投げ出したくなることもあります。

そんな時、あるセミナーで一人の講師がおっしゃっていた言葉が
心に強く迫ってきます。


「子どもを教育するにあたって大切なことは3つあります。
それは明確な目的を持つこと、
模範を示すこと、
そして主を畏れることです。」


私は、私の子どもたちに

「水のほとりに植わった木のように、流れのほとりに根を伸ばし、
暑さが来ても暑さを知らず、
葉は茂って、日照りの年にも心配なく、
いつまでも実を実らせる」(エレミヤ17:8)

人になってほしいのです。


そして、

「あなたは右と左にふえ広がり、
あなたの子孫は、国々を所有し、
荒れ果てた町々を人の住む所とするからだ」(イザヤ54:3)

という御言葉が成就するのを
我が子らを通して見させていただきたいのです。


これが我が家の教育の目的です。



「自分の力ではできない、ことをなさるのは主だ」
という主への畏れを忘れず、
けれども主が「せよ」とおっしゃることを
主に在ってさせていただくということにおいて、
子どもたちの模範にならせていただきたい・・・>

日々そう祈りつつ、きょうもあっぷあっぷしながら主についていく、
きょうもそんな1日を過ごしています。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

SALLYまたはSAORY
  • Author: SALLYまたはSAORY
  •  2001年の秋から4人の子どもたちを順次ホームスクーリングで育て始めて今に至ってます。2005年春には鎌倉へ、2007年秋には千葉県八街市へと住まいも移し、新しいミニストリー(創造主なる神様への奉仕としての働き)として、不登校の子どもを持つ家庭や、ホームスクールを選んだ家庭と連携し、サポートし合うネットワーク作りも始めています。なんとなく過ぎてしまう毎日の生活ですが、しばし立ち止まって、なにげない日常の中にある神様の恵みを見つけ、味わうためにもこの日記を書き綴っていきたい、と思ってます。

Search

Calendar

07 « 2018/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

プロフィール

SALLYまたはSAORY

  • Author:SALLYまたはSAORY
  •  2001年の秋から4人の子どもたちを順次ホームスクーリングで育て始めて今に至ってます。2005年春には鎌倉へ、2007年秋には千葉県八街市へと住まいも移し、新しいミニストリー(創造主なる神様への奉仕としての働き)として、不登校の子どもを持つ家庭や、ホームスクールを選んだ家庭と連携し、サポートし合うネットワーク作りも始めています。なんとなく過ぎてしまう毎日の生活ですが、しばし立ち止まって、なにげない日常の中にある神様の恵みを見つけ、味わうためにもこの日記を書き綴っていきたい、と思ってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。