FC2ブログ

ぺんぎん村日記

 4人の子どもを持つぺんぎんママが、クリスチャンホームスクーラーの日常を綴る。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ぜひとも紹介したいと思った動画があります。

ケニアの首都ナイロビにあるキベラスラムの子どもたちが
震災にあった日本を思って祈り、歌ってくれている様子。
You tubeにUPされてます。↓

祈り~キベラスラムから


私は、大阪に滞在してた時、茨木福音キリスト教会の礼拝に出たり、
祈り会に出たりさせてもらったのですが、
その時この映像を見せてもらいました。


衝撃でした。
なぜ、遠いアフリカの、まだ小さな子どもたちが
ここまで日本を思ってくれるのか、と・・。
なぜ涙を流して祈ってくれるのか、と・・・。


その謎が知りたくて
千葉に戻ってからネットでいろい調べてみて
少しずつその謎が解けてきました・・・。


このストリートチルドレン達が通う学校を運営しているのは
フリーライターの早川千晶さんら。

この早川さん、知る人ぞ知る、ユニークな方のようです。



そして、理屈じゃない、言葉じゃない、
「愛する」ことを生活のなかで実践していらっしゃる方。

この子どもたちは、
愛されることを知っているから
こんなにも愛することができるのでしょう・・・。





私が見たなかで、この方のことが1番詳しく、分かりやすく
書かれてたのはこのサイト。インタビュー形式になってます。

http://www.jinaonline.org/topics/62/index.php?city=LA


ほんとに素敵な方ですね。頭が下がります。
この方がガイドする、ただの観光旅行ではない、
アフリカの生活や文化、歴史をを学ぶツァーもあるようです。

http://www.dososhin.com/tubo/KEstudy/text02.htm
http://tabisen-tsunagu.com/africa_studytour/





キリストの愛を知る者として
おまえはどうやって愛を表わすのか、と
心探られています・・・。






スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

SALLYまたはSAORY
  • Author: SALLYまたはSAORY
  •  2001年の秋から4人の子どもたちを順次ホームスクーリングで育て始めて今に至ってます。2005年春には鎌倉へ、2007年秋には千葉県八街市へと住まいも移し、新しいミニストリー(創造主なる神様への奉仕としての働き)として、不登校の子どもを持つ家庭や、ホームスクールを選んだ家庭と連携し、サポートし合うネットワーク作りも始めています。なんとなく過ぎてしまう毎日の生活ですが、しばし立ち止まって、なにげない日常の中にある神様の恵みを見つけ、味わうためにもこの日記を書き綴っていきたい、と思ってます。

Search

Calendar

09 « 2018/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

SALLYまたはSAORY

  • Author:SALLYまたはSAORY
  •  2001年の秋から4人の子どもたちを順次ホームスクーリングで育て始めて今に至ってます。2005年春には鎌倉へ、2007年秋には千葉県八街市へと住まいも移し、新しいミニストリー(創造主なる神様への奉仕としての働き)として、不登校の子どもを持つ家庭や、ホームスクールを選んだ家庭と連携し、サポートし合うネットワーク作りも始めています。なんとなく過ぎてしまう毎日の生活ですが、しばし立ち止まって、なにげない日常の中にある神様の恵みを見つけ、味わうためにもこの日記を書き綴っていきたい、と思ってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。