FC2ブログ

ぺんぎん村日記

 4人の子どもを持つぺんぎんママが、クリスチャンホームスクーラーの日常を綴る。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ラブレボの仲間に誘われて、
この週末金曜~日曜日の日程で、
私より一回り以上若い、ツネジ君、カオリちゃんとの3人チームで、
宮城県のゴスペルタウンを拠点とした被災地ボランティアに行ってきました。

実質働けたのは土曜日だけだったけど…。



土曜日。
朝7時半にゴスペルタウンを出発し、
9時前に石巻に到着。
津波がかぶってしまった民家に、
お掃除をしに行きました。
砂を掻き出したり、錆びた釘を抜いて壁や床を剥がしたり…。

サマリタンズパースという国際的な救援団体
http://www.samaritanspurse.jp/jp/が、
行政のなかなか届ききれない個人のお家を一軒一軒回り、
お掃除に入っているみたいです。
私達もこの団体の下で奉仕しました。
香港やアメリカからのワーカーがたくさん来て下さっていて一緒に働きましたが、
それによっても日本が愛され、祈られてることを実感しました。



そのあとは
石巻最大の避難所(今も600人くらいの被災者の方々が生活してる)に出向き、
その日から始まったゴスペルワークショップに参加。

それから、そろそろ帰ろうとしたところで、
ある被災者の方と、
偶然のように一対一でお話しするチャンスにも導かれました。

マッサージをしながら話しているうちに、
「三ヶ月経って、やっと近頃涙が出るようになったのよ」
と、やはり涙を浮かべながら、
住んでいた地域のこと、家族のことなど話してくださいました。

お掃除をした民家の家主さん(高齢の男性)と、
夕方避難所でお話ししたその女性。
いずれの方にも少しばかり神様の愛を伝えることができ、
お祈りさせていただくこともできました。


お祈りしてる時、自然と私の目から涙があふれました。
主の痛みが感じられ、
主が本当にこの国をあわれんでくださってることを
肌で感じることができた時でもありました。

祈られてる方も、少し涙を流していらっしゃいました…。




被災地では、
まだまだボランティアのニーズがあることもよくわかりました。
復興まではまだ気が遠くなるような時間とマンパワーが要ります。
一軒の家の、
汚れてもう使えない壁や床を取り除き、
不要な釘やなんかを処分する仕事だけでも、
10人がかりで1日かけてもまだ終わりません。

祈ってみて思いがあるなら、
是非一度は現地に行かれるといいと思います。
確かに百聞は一見、一経験に如かず、です。

そして、
主がクリスチャンを通して何をして下さっていて、
更に何をして下さろうとしていらっしゃるのか、
是非霊の目で見てください。
そして、その主の愛のわざに、
ほんの一滴分でも参与できれば、
それはとても幸いなことだと思います。

大きなことはできなくても、
神の家族がチームになって少しずつ担うなら、
愛を形にして表すことができるからです。


ほんとにちっちゃなちっちゃな一部分。
できたことなんか
自己満足程度にしかすぎないかもしれない。


でも、
避難所で出会った60歳前後の3人の女性たちが
何度も何度も「ありがとう」とお礼を言ってくれて、
最後まで見送ってくれた姿が忘れられません。


そんな小さな愛の業が
祈りとともにいくつもいくつも積み重なって
大海のようになっていくと信じます・・・。





スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

SALLYまたはSAORY
  • Author: SALLYまたはSAORY
  •  2001年の秋から4人の子どもたちを順次ホームスクーリングで育て始めて今に至ってます。2005年春には鎌倉へ、2007年秋には千葉県八街市へと住まいも移し、新しいミニストリー(創造主なる神様への奉仕としての働き)として、不登校の子どもを持つ家庭や、ホームスクールを選んだ家庭と連携し、サポートし合うネットワーク作りも始めています。なんとなく過ぎてしまう毎日の生活ですが、しばし立ち止まって、なにげない日常の中にある神様の恵みを見つけ、味わうためにもこの日記を書き綴っていきたい、と思ってます。

Search

Calendar

09 « 2018/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

SALLYまたはSAORY

  • Author:SALLYまたはSAORY
  •  2001年の秋から4人の子どもたちを順次ホームスクーリングで育て始めて今に至ってます。2005年春には鎌倉へ、2007年秋には千葉県八街市へと住まいも移し、新しいミニストリー(創造主なる神様への奉仕としての働き)として、不登校の子どもを持つ家庭や、ホームスクールを選んだ家庭と連携し、サポートし合うネットワーク作りも始めています。なんとなく過ぎてしまう毎日の生活ですが、しばし立ち止まって、なにげない日常の中にある神様の恵みを見つけ、味わうためにもこの日記を書き綴っていきたい、と思ってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。